当事務所の特徴

法律と税務の両面から相続問題をトータルサポート

相続は法律によって事細かに規定されています。
したがって、相続が法律問題であることは間違いありません。

しかし、法律面だけに気を配れば適切な処理ができるかというと、そうとは限りません。

相続の実質は財産の承継であり、税金の問題が密接に絡んできます。

しかも、平成27年1月以後に発生した相続では相続税の基礎控除の額が引き下げられたため、相続税がより身近な問題になってきました。

つまり、相続問題を円滑かつ適切に処理するためには、法律面だけでなく税務面にも十分に目配りをする必要があるのです。

当事務所は、弁護士に加えて税理士としてのアプローチを加えることで、相続問題のトータルサポートを実現します。

 

岩手県内で唯一の相続診断協会パートナー事務所です

当事務所は、一般社団法人相続診断協会から岩手県で唯一パートナーとして認定を受けた法律事務所で、全国で活動する相続診断士の相談窓口になったりセミナーを開催するなど、社会から不幸な相続を一件でも減らすよう尽力しています。

相続診断士とは、相続診断協会が主宰する民間資格で、相続に関する専門家を認定するものです。

相続は法律問題であることはもちろんですが、その他にも登記実務や税務等複数の専門領域にまたがる問題です。時にはファイナンシャルプランナー(FP)のような知見も必要となります。

相続診断士資格は、このように多様な知見が要求される相続問題に総合的なアプローチを試みるものです。

当事務所では、他の士業の方々や全国のパートナー事務所と連携して、単に法律面や税務面だけでなく多様な側面から個別の事案にアプローチし、お客様の満足の最大化に全力を尽くします。

 

相続分野を特に掘り下げ、高い知見・スキルを提供します

弁護士が手がける法律問題は驚くほど多種多様です。特に、高度に情報化が進んだ近年はその傾向が顕著で、従来想定できなかったような複雑な法律問題が次から次へと発生しています。

相続の分野でも、信託法の大改正を受けて、民事信託という新たな知見・スキームの活用が注目を集めています。

当事務所は、このような時代の変化を踏まえて、相続分野を特に専門的に手がけることで知見を深め、スキルを蓄積し、高度なリーガルサービスを提供することを基本理念として掲げています。

その他メニューのご紹介

お問い合わせ

簡単な内容であれば電話相談も承ります。お問合せはこちらへ。

019-613-3246

受付時間:平日9時30分~17時30分

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずは気軽にご連絡ください。