業務のご案内

遺産相続という問題は、被相続人が亡くなる前(生前)と亡くなった後に大きく分けることができます。

生前においては、被相続人の相続準備として、遺言書の作成等が問題になります。

被相続人が亡くなった後は、相続人の方々はまず相続調査を行う必要があります。自分以外の相続人が誰なのかや被相続人の財産状況をきちんと把握しなければ、この後の判断を的確になし得ないからです。

遺産分割については、遺言書の有無によって分けて考えることができます。
遺言書がある場合は、基本的にはその遺言に従って遺産を分割していくことになりますが、遺言の内容が相続人の遺留分を侵害する場合には問題が出てきます。
遺言書がない場合は、相続人間で遺産分割協議を行って具体的な分割方法について話し合っていくことになります。その場合は、特別受益や寄与分が問題になることがあります。

また、相続人が相続を望まない場合には、相続放棄が問題になってきます。

さらに遺産相続の周辺問題として、当事務所は、お歳を召されて判断能力が不十分になった方のための成年後見にも対応しております。

ところで、遺産相続の本質を一言で表現すると「財産関係の承継」ということになりますが、これを実現する法的なメニューとして信託の活用を挙げることができます。
信託の特徴は、何と言っても柔軟な仕組み設計が可能であるという点にあり、相続の場面にとどまらず中小企業のオーナー様の事業承継にも極めて有効です。
ご興味がおありの方は、遺産相続を専門分野とする当事務所の弁護士にぜひお気軽にご相談ください。

【主な対応地域】
盛岡市、滝沢市、花巻市、北上市、遠野市、奥州市、宮古市、大船渡市、釜石市、一関市ほか岩手県全域

お問い合わせ

簡単な内容であれば電話相談も承ります。お問合せはこちらへ。

019-613-3246

受付時間:平日9時30分~17時30分

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずは気軽にご連絡ください。