盛岡の弁護士による相続のご相談
佐藤邦彦経営法律事務所

岩手県盛岡市中央通1丁目8番13号 中央ビル2階

受付時間
平日9時30分~17時30分
定休日
土日・祝祭日

電話相談も承ります。お気軽にどうぞ。

019-613-3246

豆知識 Vol.81 自筆証書遺言の方式緩和について

画像の説明を入力してください

本コーナーの各記事の内容は、特にことわりがない限り掲載時点の法令に基づいたものとなっておりますのでご注意ください。

********

従来、自筆証書遺言については、その全文を遺言者が自筆で書くことが要求されていました。
しかし、財産目録に記載する財産が多岐に渡るような場合、高齢者が全文を自筆で書くのは極めて困難でした。

こうした事情を踏まえ、改正相続法では自筆証書遺言の作成方式が緩和され、財産目録を別紙として添付する場合に限り、自書を不要とすることが認められました。
これによって、パソコンで作成した書面や不動産の登記事項証明書、預金通帳の写しなどを財産目録として添付することが可能になりました。

なお、この場合、自書によらない別紙の全てのページに署名押印をする必要があります。

2020年1月9日掲載

出典:法務省ウェブサイト

パソコンで作成した財産目録を添付する場合

出典:法務省ウェブサイト

登記事項証明書を財産目録として添付する場合

関連記事

お問い合わせ

簡単な内容であれば電話相談も承ります。お問合せはこちらへ。

019-613-3246

受付時間:平日9時30分~17時30分

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずは気軽にご連絡ください。